高尾山ハイキング

今回(11月24日)、熟年同窓4人組(タッキー、ヤッチャン、アラチャン、私(マル))は、日帰りで高尾山ハイキングに行ってきた。
最近の高尾山人気で混雑が心配だったが、3連休明けの平日ということで数珠繋ぎ歩くことも無く紅葉シーズン真っ盛りの高尾山を楽しむことが出来た。
ただし、今回は今までの尾瀬や箱根に比べて軽いハイキングだったので、いささか力を余しての終了となった。

京王線新宿駅から直通の急行に乗って高尾山口駅に9時45分頃到着した。
本日は、1号路(3.8km、予定所要時間100分)を登り、山頂付近で弁当を食べて、山頂付近を周回する5号路(0.9km、予定所要時間30分)を回って、稲荷山コース(3.1km、予定所要時間70分)を下ることにした。
スタート地点のケーブルカー清滝駅をほぼ10時に出発した。この辺りも紅葉が美しい。

画像

                             清滝駅付近にて

画像

                             清滝駅付近にて

ケーブルカーの終点高尾山駅までの2km弱は急勾配の道が続いたが、路面は舗装されているのでどうということは無い。
これという見処も無く高尾山駅まで40分ほどで一気に登った。
天候は曇りで汗もほとんどかかない。
小休止した後、十一丁目茶屋やさる園の前を進んだ。
この辺りは平らな道が続く。
たこ杉という樹齢450年、幹囲6mの巨大な杉があった。
確かに露出した根っこは蛸の足のように見える。

画像

                             たこ杉

浄心門を過ぎて暫く登ると男坂と女坂の分岐点があり迷わず女坂を進んだ。

画像

                             浄心門

なだらかな女坂の終わり地点に仏舎利塔のある台地があり、隠れた紅葉の名所との説明があったので立ち寄ることとした。

画像

                             仏舎利塔のある台地にて

画像

                             仏舎利塔のある台地にて

画像

                             仏舎利塔のある台地にて

高尾山薬王院の山門をくぐり、お参りして進んだ。

画像

                             高尾山薬王院

暫く登るともう山頂だった。
所々で立ち寄ったこともあって何となく着いてしまったという感じが残った。
5年ほど前に来た時にはある程度登ったという感触があったのだが、この5年の内にハーフマラソンを始めたので体力が付いたのかも知れない。
案の定、山頂は満員で弁当を広げる場所は無かった。
仕方なく予定に従って5号路の周回コースを進み適当なスペースを見つけて弁当を広げた。

画像

                             弁当を広げた付近にて

画像

                             弁当を広げた付近にて

帰りは稲荷山コースを下った。
このコースには、山頂直前に200段の急な階段があり、中間付近の見晴らし台の手前に急勾配があり、登ればタフなコースではないかと思われた。
樹木の間から見晴らしも開けたいて悪いコースではない。
高尾山口駅の手前に紅葉スポットがあり記念撮影。

画像

                             高尾山口駅付近にて

タッキーの記念撮影は、ここが4枚目、今回のハイキングが何となくインパクトに欠けたことを物語っていた。
新宿には4時少し前に到着。
反省会はビールにも合うということで、ルミネの中のお好み焼きとした。
このお店はお客がテーブルで焼く形式だった。
始めは面倒な気もしたが、ハイキングが今一つだったことも影響したのか、皆さん俄然やる気を出してお好み焼きに奮闘、この日一番の盛り上がりとなった。

画像

                             お好み焼き店にて

この記事へのコメント

フェン
2009年11月30日 13:54
紅葉は良いですね。
今年はまだ見に行っていないです。

この記事へのトラックバック