飯盛山ハイキング

5月4日、熟年同窓4人組(タッキー、ヤッチャン、アラチャン、私(マル))は、飯盛山へハイキングに行ってきた。
今回は親切丁寧なブログ(日帰り登山 > 長野県の山 > 飯盛山 {平沢峠(獅子岩のある峠)から登る!})に従って行動し、八ヶ岳連峰の伸びやかな大自然を満喫し、ゴールデンウィークの渋滞に幾分時間を取られたものの5時半には代々木上原に戻り、お好み焼きの反省会で締めくくることが出来た。
上記のブログには大感謝。

ゴールデンウィークの渋滞が心配なので、以下のように早めに帰るように予定した。
朝、7時新宿駅に集合。
中央高速・須玉IC(132km)+国道141号(26km)で平沢峠着。
平沢峠から平沢山経由で飯盛山を登り、2時頃東京に向け出発する。
代々木上原に5時までに戻り反省会。

画像


朝、7時新宿駅に集合。
車で中央高速を走り、須玉ICで降り、国道141を通って、清里、野辺山を通過して平沢峠駐車場には10時半過ぎに到着した。
東京を出る時は雨がちらついていたが、笹子トンネルを抜けると雨の気配は消えて、八ヶ岳に近づくにつれて、大きな雲は見られるものの天候は晴れにまで回復した。
まずは絶好のハイキング日和という感じだ。
途中、首都高終了の辺りや小仏トンネル付近に渋滞があり、平沢峠駐車場の到着は1時間ほど予定より遅れてしまったが、ゴールデンウィークでもありほぼ想定内、2時ごろの出発を考えているので特に問題は無い。
平沢峠駐車場には、既に40台ほど駐車していて、早8割方埋まっていた。

画像

                                 平沢峠

画像

                                 平沢峠

平沢峠の脇には獅子岩という奇妙な岩があった。
とりあえず立ち寄ってみたが、かなり大きな岩群で途中まで行ったところで切り上げた。
いわれ等の説明板が無く今一つ興味をひかれなかった。

画像

                                 獅子岩

画像

                                 獅子岩

さて、いよいよ登山開始だ。
平沢峠は海抜1450m、飯盛山は1643m、登山と言うよりハイキングだ。
駐車場の車の数からも推測されるように、標高差200m足らずの手軽なハイキングを求めて、多くのハイカーが集まっており、特に小学生ぐらいの子供の姿が目に付いた。

丁度11時に登行開始。
飯盛山山頂までブログによれば50分なので、山頂で弁当を広げるのに丁度良さそうだ。
それ程勾配も無い山道を淡々と登って行く。

画像

                                 山道

画像

                                 山道

カラマツがこれから芽吹こうかという段階でまだ早春の感じ、新緑を楽しむのは暫く先のようだ。
気温は高めで歩けば汗ばむくるので、長袖シャツを脱いでTシャツに切り替えた。
暫く進むと宮司の滝への分岐があったが、2.5kmあるとのことで今回はパス。

画像

                                 カラマツ

画像

                                 分岐

画像

                                 山道

画像

                                 山道

熊笹とカラマツの道を進み牧柵を抜けると、ブログにある通り名前は無いのだが見晴らしの開けた処に到着した。
特徴のある飯盛山の姿もはっきりと見える。

画像

                               晴らしの開けた処

画像

                               晴らしの開けた処

しばし眺望を楽しんだ後、牧柵を抜ける直前にあった行き先表示の無い分岐(ブログによれば、それは平沢山への分岐とのこと)へ戻り、平沢山山頂へ向かった。
今まで一緒だった団体さんとも別れて、人気の無い多少勾配が増した道を登って行く。

画像

                              行き先表示の無い分岐

画像

                                 山道


画像

                                 山道

たいした登頂感も無く平沢山山頂(1653m)に到着。
飯盛山より10m高い山頂は閑散としていたが、眺望が素晴らしい。
隣にある飯盛山とその横に広がる見晴らし台は勿論のこと、八ヶ岳連峰も雲に覆われること無くくっきりと見え、その左横奥には南アルプスの北岳も少し雲をかぶった幽玄な姿を見せていた。
標高1653m3等三角点の標識があったことを付け加えておく。

画像

                                 平沢山山頂

画像

                                 平沢山山頂

画像

                                 平沢山山頂

画像

                                 3等三角点

一休みした後、飯盛山方向への下りは短いけどかなり急坂だ、飯盛山の帰りに平沢山へ行くとここを登ることになるわけだ。
下り終わって本来の飯盛山への道に合流した。

画像

                                 下り

画像

                                 下り

眺望の開けた尾根道を山頂目指して進む。
振り返ると八ヶ岳連峰が一段と鮮やかに見える。

画像

                                 尾根道

画像

                                 尾根道

画像

                                 尾根道

画像

                                 尾根道

山頂には12時過ぎに到着。
飯盛山の山頂は狭いうえに大勢のハイカーでごった返していた。

画像

                                 飯盛山山頂

画像

                                 飯盛山山頂

画像

                                 飯盛山山頂

山頂直ぐ下の見晴らし台に移動して弁当を広げた。
山頂に劣らず見晴らし台の眺望も素晴らしい。
八ヶ岳連峰、南アルプスを360度のパノラマで見渡すことが出来る。視界が開けたさわやかな解放感は、阿蘇草千里の解放感を思わせた。
平沢峠では八ヶ岳連峰・赤岳山頂の辺りには薄っすらと雲がかかっていたが、近くに雨雲らしき雲があるものの赤岳山頂はすっきり晴れ渡っている。

画像

                                 見晴らし台

画像

                                 見晴らし台

しばし眺望を楽しんだ後、山頂を後にした。
大した登りでもなかったので、下りも楽だった。
途中、天候は益々良化して、すっきり晴れ渡った八ヶ岳連峰を見ることが出来た。
獅子岩も上方から全体を見ることが出来た。

画像

                                 八ヶ岳連峰

画像

                                 八ヶ岳連峰

画像

                                 獅子岩


2時過ぎに平沢峠駐車場を後にして、帰路につき、中央高速の上野原、小仏トンネル付近で渋滞に見舞われたが、早めに戻ったのが良かったのか、5時半には代々木上原に戻り、お好み焼きの反省会では焼酎のオンザロックで一日の程良い疲れを癒すことが出来た。

画像

                                 反省会


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック