原爆投下の謝罪

オバマ米大統領は伊勢志摩サミット終了後、広島を訪れた。予定通り原爆投下の謝罪は無かった。久しぶりに原爆投下の謝罪について、日米において意見は様々であろうが思い起こされたことは良かったと思う。

今ここで考えてみたいのは、実際には謝罪は無かった訳だが仮に有ったとしたら何を意味していて無かった場合と何が違うのだろうか、という事だ。
私は生の一回性(命は一つ、死んだら終わり)を基本として考えているので、原爆投下によって理不尽にも悶え苦しんで亡くなった人々の無念は何を持ってしても償えるものではないと考えている。その考えに変わりは無い。
私は常々裁判の判決において被告が改悛の情を示しているか否かが重視されることに違和感があった。事後に改心して謝られても被害者が既に被った被害は変わらない、ましてや殺人とあっては死んだ人は二度と戻らないのだ。

私は今回、オバマ米大統領が広島を訪問するにあたって原爆投下について米大統領として謝罪してほしいと思った。生の一回性を考えれば犠牲者にとって命は戻らないのだから意味は無い。それでは何故、米大統領の謝罪を希望したのだろうか。

それは米国代表の米大統領の謝罪によって、米国に対する信頼感を取り戻したかったのだと思う。謝罪によって原爆投下の犠牲者も浮かばれるだろうなどと言うつもりは無い、繰り返すが犠牲者の無念は何を持ってしても償えるものではないのだ。ただ謝罪によって今を生きる私は今後米国を信頼感をもって見ることが出来ると思ったのだ。

ただ現状においては、原爆投下によって戦争を早期に収束することが出来て日米双方の死者を減らすことが出来たと言ったり、全く犠牲者の規模が違う真珠湾攻撃(宣戦布告が遅れたのは日本のミス)を原爆投下と対比して五十歩百歩とでも言いたいのだろうか、そんな自己欺瞞で良心の呵責から逃れようとしているようでは、謝罪への道は遠い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック