安倍四選について、不思議な感覚がしている。

安倍四選について、不思議な感覚がしている。
マスコミからは安倍四選は全くなくなったかのように、ポスト安倍という報道やコメントばかりだ。
桜を見る会に続いてコロナ対応における給付金の遅れ、検察の定年延長や河合夫妻の選挙買収疑惑によって安倍一強は揺らいでいるという。
大した問題ではないように思うが、立件民主、社民、共産の各野党や朝日、毎日、東京、北海道の各新聞を始めとするマスコミの大勢は問題化を図り騒ぎ立てている。それも功を奏してか内閣支持率は低下してきている。ただこれは従来通りで特に何かが変わったわけではない。
私が安倍政権について疑問に感じるのは中国対応だ。
習近平の国賓といての来日をなぜ早めに中止しなかったか、中国からの入国禁止もずいぶん遅れた、中国に拘留され不透明な裁判にさらされている日本人について断固抗議しないのかなどは看過できない問題だ。反安倍の連中は些末な問題は騒ぎ立てるが、こういう大事な事柄には目をつぶる。
話を元に戻すと、私が「不思議な感覚がしている」のは、従来通りの反安倍陣営の話ではない。ポスト安倍について、この間有力な候補は表れていない、経済音痴の石破は反安倍陣営が支持しているだけだ、岸田は首相不適格、変化は小泉進次郎が浮ついた対応で評価を落とした位だ。
つまり任期の来年秋まで一年余りとなった現在、次期首相候補としてこれといった人がいなくて困っている状態なのだ。
それなのに安倍四選の声が聞こえてこない。反安倍陣営はできるだけ話題にしようとしないのは分かる。何故か。
唯一想像するのは、安倍さんの健康問題だ。健康状態は気力にも影響する。
あれだけ叩かれているトランプは再選を目指している、プーチンはあと16年やるつもりらしい、中国共産党の悪政もエンドレスだ、安倍さん、たった9年、長期政権ではありません、もう引退ですか、日本の未来を考えてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント