テーマ:安倍政権

安倍首相は政界の白鵬たれ

安倍首相には政界の白鵬となって、後進の壁となって立ち続け憲法改正を本懐としてほしい。このことを切望する。 二階幹事長より安倍首相に代わる勢力は見当たらない、との発言があった。実力の問題なのだ。 まず第一に伝統を疎かにしない保守思想を身に着けているということだ。保守思想とは何か。有史以来の先人の奮闘の結果として現在の日本があり、自分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び安倍四選

かねてから日本が晒されている内外の諸情勢を鑑みるに安倍三選では不十分だと感じていた。昨年自民党が党則を改定して総裁の任期を三期まで可能としたが、四期まで可能とする話はほとんど話題にならなかったようだ。私はこれを見て、これは政治家の嫉妬心のなせる話だと思った。 安倍首相の実績、力量は飛び抜けている。まず経済、デフレ不況から脱却して有効求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武力

「日本人に生まれてよかった」と思っている人は多いだろう。70歳の私も戦争も飢えも経験せずに豊かで平穏で自由な生活を享受してきた。歴史を振り返ると世界では弱肉強食の殺し合いと宗教上の不寛容に起因する殺し合いを繰り広げてきたのに対して、我が国では島国のため他国の干渉侵略を受けにくい利点を生かし、また八百万の神を崇める伝統のもとに神仏習合の知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍訪中

本日10月25日から27日まで安倍首相は、第2次安倍政権発足以来、初めて訪中し首脳会談を行う。7年に及ぶ長期政権において頻繁な外遊を繰り返してきたのにお隣の中国には初めての訪問になる。考えてみれば当然のことで、自由と民主主義と法の支配を掲げてそれらを共有する国の輪を広げようとする安倍政権にとって中国は真逆を進む独裁国家だからだ。 経済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラル一等国家日本として

サウジ政府に批判的な記者がサウジ次期国王候補の皇太子の指示?で殺されたらしい。しかもあろうことかトルコのサウジ総領事館内でだという。通常よくある疑わしいが犯行を断定するには至らない暗殺ではない。被害者は結婚手続きのためサウジ総領事館に入る画像があり、出てきた形跡がない。また、直前に15人のサウジ政府の暗殺グループが入国しサウジ総領事館入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more